EDは治療できます

ed治療を放置し家族との付き合いがギクシャクしている男性

EDを放置して生きていくことは、あなたにとって幸せと言えるでしょうか。もちろん、EDだろうと幸せに生きていくとは可能です。しかしわざわざ治療可能なEDを放置する理由は、どこにあるのでしょうか。

EDは野菜中心の食生活で改善できるのか

EDは加齢によるものと考えている方は多いですが、肉中心の生活を続けることにより、マグネシウム等の鉄分が少なくなり発生する場合もあります。菜食中心の食生活にすることで、勃起不全は治せる可能性があります。一般的には、納豆やオクラなどが良いと言われていますが、緑黄色野菜も摂取するように心がけ、適度な運動も行なうようにしましょう。アルコールを良く飲む場合には、上記に加え、アボガドを食べるようにすると良いです。お酒を飲む場合に、カリフォルニア巻を食べると、アルコールがすぐに分解され、EDを防ぎます。また、トマトも良いものです。トマトが苦手という方は、お酒のつまみで、焼きトマトを注文してみるのも良いですし、ハンバーガーのような、肉類と一緒に食べるフードも良いでしょう。なによりも、ストレスを無くし、十分な睡眠と適度な運動を心がけることが大切でしょう。野菜を十分にとり体内酵素を増やしても、ストレスや体調が悪くては勃起不全は治りません。勃起不全は、陰茎への血流が加齢により衰える病気です。緑黄色野菜から摂取した酵素で血流をよくすることでEDは治っていきます。肉類中心でアルコールやニコチンの過剰摂取、ストレスに睡眠不足、運動不足と、歳を取るとEDになる要素は増えてきます。せめて、食生活に野菜を多く取り入れ、勃起不全を未然に防ぐようにしていきましょう。男性ホルモンの分泌料が加齢とともに衰えるのは仕方がないことです。そして、ストレスや睡眠不足、運動不足等の生活習慣も、すぐには変えることは難しいものでしょう。せめて、食生活に野菜を取り入れるようにしていきましょう。飲みの席で、冷やしトマトを食べるだけでも良いです。普段の心がけがEDを防ぐのです。

EDは時間がたつと悪化してしまう

いざ性行為をしようとしても、男性器が反応してくれず挿入もできずに終わってしまう、万が一勃起できても、途中で萎えてしまうような中折れといった状態を総称してEDと呼びます。その原因は非常に様々なものが挙げられますが、大きく分けて体の障害によって起こる器質性、精神的な問題から起こる心因性と2つになります。男性器が勃起するためには外部からの性的な刺激を受けるか、興奮することで脳内でスイッチが入り、神経を伝って陰茎に勃起の指示を送ります。指示を受けた男性器は、海綿体に流れる血液の量をコントロールして通常より多く流し込むことで大きく勃起させることができます。そのため、血液循環と神経が非常に重要な役割を持ち、この2つの機能が何らかの原因によって働かなくなると器質性のEDとなります。神経に関しては過去に交通事故などで損傷を受けることで起こりやすく、正直なところ治療というのは非常に難しいものと言えます。血液循環に関しては食事などの影響で血管が収縮して細くなった、あるいは血液が凝固することで流れにくくなると勃起が難しくなります。心因性の場合は性行為に対する過去のトラウマ、人間関係のストレス、その他にも様々な要素によるメンタルに影響を受けるのですが、外的要因によるものはいつの間にか解決していることがあり、自然とEDが治ることもあります。しかし、器質性の問題は自然と治るということはなく、逆に生活習慣などを改めない限りは悪化の一途を辿ることになります。偏った食事、お酒の過剰な飲酒、タバコの吸い過ぎなどは健康にも影響を与えますが、血液の循環を悪くさせることでEDを悪化させる主な要因ともなります。放置すればするほど勃起ができなくなるので、気になったら生活習慣を改める、病院で診察を受けるなど予防や対策を行うようにしましょう。

EDの原因が心因性ならあまり気にしなくていい

男性器が上手く勃起できない症状を専門用語でEDと呼びますが、この症状には体の影響による器質性と、精神的な問題から発生する心因性と2つに分けられています。器質性は重度の血行障害や事故などによる神経の損傷が原因とされ、血液の循環によるものだと高血圧症や糖尿病などの初期症状または合併症として起こることがあるため、中高年で起こる場合は健康のためにも注意しなくてはいけません。対する心因性とは過去のトラウマによるフラッシュバック、仕事や人間関係によるストレスなどが原因とされ、比較的若い世代で起こりやすいようです。心因性の症状には一般型や状況型、行動関連、パートナー型と幾つかに細分化されていますが、基本的には気の持ちようというのが中心になっているので、治療するのはそれほど難しくないと言われています。重度に陥った場合には心理内科のカウンセリングなどを受ける必要もありますが、軽度であれば性行為を繰り返してトラウマを克服する、成功の達成感を味わうことで改善に向かいます。精神安定剤などの治療薬を使用することもありますが、場合によっては軽いカウンセリングのみで改善されることもあるのであまり気にする必要はありません。元々は精神的な問題なので複雑に絡み合った問題がなければ、病院で受診しなくても回復することも少なくありません。特に若い世代では、たまたま体の調子が悪く勃起できなかったという理由で、その後に引きずることもありますが、勃起さえできれば回復できたということもあるようです。突発的に発生することがありますが、市販されている精力剤や勃起リングなどで対処すると意外と簡単に治ることもあります。いずれにしても今の状況にあまり悲観せず、気にしないで生活していればいつの間にか治ってしまうこともあるようです。
◆食生活の改善とED治療薬の服用でEDを治療しましょう!
カマグラ 通販
◆中折れはED予備軍ですのできちんと自分で原因を把握しておきましょう
中折れの原因は疲れから?